相手の立場に立って考えてみる。

どうもほーりぃです。

 

Amazonの仕組みって本当にすごいですね。

販売として使わせてもらっていますけども、

購入者側としても凄く有り難いことばかりです。

 

30日以内なら無条件で返品返金できますし、

大体注文したら次の日には届きます。

商品の幅も凄く広いです。

 

僕はやはり楽天よりも、アマゾン派ですね。

 

 

楽天は買うお店によって、商品の質も配送時間も全く違いますからね。

結局自分でいいお店を選ばないといけない状況です。

 

でもアマゾンであれば、

基本的に配送時間や商品の質も大差はありません。

不良品が来ても返品対応はスムーズですし。

 

 

そんな有難いアマゾンなのですが、

最近はアマゾンが嫌いです。脱アマゾンを考えています。

これは販売者側としてです。

 

 

やっぱりここまで便利になって、大勢の人が利用するようになると、

当たり前のことではあるのですが、アマゾンの良いようにルールが決まります。

 

 

いきなり今まで出品できていたものが、

Amazonのルール変更により出品できなくなったり、

無条件返品OKなので、悪質なので言うと商品抜いて返品されたり、

いろんな弊害が出るようになってきています。

 

 

そして僕が取っているメルマガでも(名前は忘れました。)

 

ある人が、

Amazonによって、いきなり出品を止められたのを

ビジネスとしてあり得ないやら、独占禁止法がどうたらでアマゾンを批判していました。

 

 

相手の立場に立って物事は考えましょう。

このメルマガの方が言っているのは、全て自分目線ですね。

 

 

嫌なら、自分でアマゾンの仕組みを作ればいいし、

Amazonを使わなければいいだけの話。

 

そうなることなんて、もう何年も前から分かっていることです。

 

そのうち必要ないと思ったら、

全出品者追い出されてもおかしくないです。

 

そこは、

出品者の手数料収入と

自社販売でのリスクリターンを比べての判断になるでしょうが。

 

でも自社販売の方がメリットあると感じたら、

僕がアマゾンならそうしますね。

 

 

正直、アマゾンの考えているビジョンが大きすぎて

僕には理解できないところなのですが、

もしかしたら、動画無料やら音楽無料やらをやっているので、

コンテンツ販売に力をいれていくのかな?とも思います。

そうすれば、在庫を抱えるリスクないですから。

 

 

Amazonは結構特殊な企業で、ここ最近までずっと赤字の企業です。

10年間くらいはずっと赤字じゃないですかね?

10年間大きなビジョンだけを求めて、先行投資をし続けてきたのかもしれません。

 

 

そんな壮大なスケールのビジョンを

一個人が理解できるわけがありませんよ。

 

なので、Amazonにはいつ切られていいように

しておかないと、痛い目みるのは自分ですからね。

 

 

なので、最近は独自ショップを構築して、

そちらにも力入れていくようにしています。

 

相手の立場で物事は考えましょうね。