時間とコストで考えて生産性を上げる方法。

どうもほーりぃです。

 

僕がコスパ(費用対効果)を考えるときの方法として、

「時間」と「お金」で考えるというのがあります。

 

 

お金を払う意味をちゃんと明確化させるために、数字で表しています。

そうでないと、楽だからとか好きだからとか感情論で、

物事を決めるようになってしまいます。

 

こうなると基本的にお金は貯まりません。

これで貯まる人は、相当な収入のある人のみです。

 

 

どれだけそれを買うメリットがあるのか「数字」で表す。

これ大事です。

 

例えば、

大阪から東京まで、何で行くのが一番コスパがいいですか??

 

夜行バスという人もいれば、新幹線という人もいるでしょう。

新幹線でも、のぞみという人もいればこだまという人もいるかもしれません。

 

僕は金額と所要時間で考えます。

新幹線は約15000円で2時間半

夜行バスは5000円で7時間

 

差は、10000円で4時間半。

1時間で換算すると2222円です。

つまり時給2222円以上の人は新幹線の方が得。

以下の人は夜行バスの方が得という計算になります。

 

まぁそれだけではなく、緊急性や予定もありますので、

一概には言えないかと思いますが参考程度にしてみてください。

 

 

あと僕は最近だと、水素水の浄水器を検討していました。

家での水は、2リットルのペットボトルを使っています。

Amazonでまとめて購入したりしています。

 

ですがそれも馬鹿になりません。

 

料理にも使ったりするので、1日2本と計算して200円と考えます。

月で6000円、年間で72000円になります。

5年で360000円になります。

 
僕が見ていたのはTRIMの整水器で、

見ていたのは177200円を5年ローンで購入できるものでした。

月3500円と一年に一回カートリッジを変えるのに10800円かかるみたいで

月で3500円、年で52800円です。

5年で264000円になります。

 

5年で約10万円の差が出ますね。

 

しかも水素水ということで体にもいいですね。

 

こういうめんどくさい作業だとは思いますが、

結局ビジネスでもやっていることは同じです。

 

 

経営者や投資家の人がやっているのも同じです。

結局は数字の計算をして、

それをやった方が得なのか損なのかを判断しています。

 

これに壊れるリスクやなどを考慮します。

僕はもうすぐ引越しをするので、

工事してセットしてもらっても、

また外して持っていくのにお金がかかると思って、

来年あたりに買おうかと思っています。

 

身の回りのものを数字で考える癖つけてみてください。