子供頃の夢はなんですか??

どうもほーりぃです。

 

突然ですが、子供の頃の夢は何ですか?

 

 

僕は、

親が野球好きで保育園の時から野球を見させられていました。

小学1年で少年野球をやり始め、

2つ上の兄の試合にも出させてもらってたりしました。

 

なので、当時は同じ学年では敵なしと思っていましたね。

当然、そのときの夢はプロ野球選手です。

本気でなれると思っていましたし、

不可能なんてこれっぽっちも思っていませんでした。

 

小学2年では、小学6年生の試合にも出させてもらって、

自分で言うのもなんですが、その中でも活躍できていました。

(小学生にとっての1年は体格が全く違います。)

 

でもでも、そんな井ノ中の蛙の状態で、

他のチームに自分よりも上手い人を見た瞬間、

自分よりも上手い人がいるなんて…と衝撃を受けたのを覚えています。笑

その瞬間プロ野球選手を諦めました。

 

現実を見た瞬間ですね。

 

そこからは親の洗脳もあり、公務員というのが僕の目標でしたね。

 

こういった、現実をみたり挫折を繰り返したりしているうちに、

どれほどの夢を失っているのでしょうね?

 

当時小学1年生の自分は、

単純にプロ野球選手になりたかったので、

できるかできないかなんて考えたこともありませんでした。

 

でもいろんな失敗を繰り返しているうちに「できるかできないか」を

自分の勝手な判断で考えるようになります。

 

 

そして、その度に夢を失っていきます。

本当にもったいないです。

 

子供の頃の夢と、今の自分の夢、 どちらの方が多いでしょうね?

 

僕は、子供の頃の方がやりたいことはたくさんあった気がします。

それが今は少なくなってきています。

 

会社員をしていた頃なんて、もっと少なかったです。

口癖も「〜しなければならない。」とか「〜してはいけない」とか、

義務的な生き方をしていた気がします。

 

大人になっても、多くの夢を語り続けることができる、

僕の経験上ビジネスをする上で、これだけで十分に武器になります。

他の人との差別化になります。

 

変な個性を出すよりも、子供のような夢を語れば良いかと思います。

有名な言葉にも有りますが、

「イメージしたことしかできない」のです。

 

そして、イメージできなければ語ることもできません。

 

せっかく、何十年も生きてきて、 多くの経験をしてきているにもかかわらず、

夢の数は減っていくなんて、そんなもったいない生き方をこれからはしたくないです。

 

子供に学ぶべきこともたくさん有ります。

「できるかできないかではなく、やるかやらないか。」

これに尽きます。

 

せっかくなら、ただ子孫繁栄や生活のために生きるんじゃなく、

人間にしかできない、自分の夢を叶える楽しい生き方をしていきたいものですね。