オンリーワンな自分になる方法教えます。

どうもほーりぃです。

 

本題の前に今日は面白い動画の紹介。

いろいろ考えさせられますよ。お金を稼ぐって大変。笑

動画はこちら。

 

 

では今日のテーマに。

僕は、学生時代

自分に何のとりえがないことを非常に悔やんでいました。

平均的で面白くない人間。

数学も得意なのですが、別にずば抜けているわけでもなく、

野球も高校までやっていてあと一歩で甲子園でしたが補欠。

 

何においても中途半端な自分。

 

そんな自分に何のとりえがあるのだろう。

自分のでビジネスをやっていきたいと思っているけども、

何を武器にしてやっていけばいいのだろう。

そんなことばかりを思っていました。

 

 

 

 

そんな時に僕は、オンリーワンな自分になれる方法を教えてもらいました。

僕はどんなことにおいても一番じゃないとだめだと思っていました。

ナンバーワン。じゃないとダメだと無意識のうちに。

でもナンバーワンじゃなくても、上手くいっている企業はたくさんあるわけで、

一番じゃなくても、ほかの会社にない強みを作れば

ナンバーワンじゃなくても勝つことができる。

 

そんなことを教えてもらいました。

 

なのでナンバーワンじゃなく、オンリーワンになる。

そして今日はオンリーワンになるための方法をシェアしようと思います。

 

 

オンリーワンになる方法、それは、

「掛け合わせること」です。

 

自分の強みって一つだけじゃないはずです。

僕であるなら、中途半端な強みが、

野球であったり、数字(財務とか税務とか)の部分であったりします。

それらを掛け合わせることで、オンリーワンな存在になれます。

 

教えてもらった言葉で言うと

「100人中1番になれることを2つもしくは3つ掛け合わせる

それだけで、100人掛ける100人の10000人の中で1人になれる。

それが3つになると、100万人に1人の存在になれる。」です。

 

なので、

中途半端な強みでも100人の中で一番になれることを増やしていく。

これが自分しかできないことになっていきます。

 

僕なら野球と財務を掛け合わせて、

野球を専門にした、経理や税務に特化する事ができます。

 

税理士さんや会計士さんはたくさんいますけど、

野球に特化している人はなかなか少ないですしね。

 

実際のところ、

僕は物販と財務のところを掛け合わせて自分の強みにしています。

物販をやっている人に対しての、

節税、融資、帳簿、資金繰りetc

そんなことをアドバイスしてお金をもらうこともできるようになりました。

 

なので一番になる必要はなくて、

自分にしかできないような、ニッチな分野で勝負すれば、

自分しかいませんので、負けるはずがないということです。笑

 

この考え方、本当に良く使えますよ。