貧乏脳からの脱却

どうもほーりいです。

 

僕は常にお金ばかりを追っていました。

 

お金を得ることで、

何か幸せになれる。

家族や友達の為にもなる。

 

それは実際あると思います。

お金がないと不自由なことも多いですから。

 

「でも本当にそれ以上必要なの??」

 

ここがいつも疑問に思っていました。

 

いつまで経っても、もっともっと。

家族にも、

自分は家族のために

お金稼ぎをしているのだからわかってよ。っと。

 

でもそれって本当にそうなのか??

 

なにか目に見えない幸せを求めて、

お金ばかりを追っていましたね。

 

「お金があっても幸せ

なくても幸せ。」

 

お金があると幸せというのは妄想ですね。

 

家族のためと思っていても、

実は家族はそんなこと求めていなかったりします。

 

僕の奥さんはいつも僕に、

「自己破産3回までなら大丈夫だよ」と

冗談交じりに言います。笑

 

お金はなくなっても、

愛情はなくならないという意味だと思います。

 

そんな家族の想いを僕は見ぬふりをして、

奥さんの為、子供の為と言う偽り?や名分を作って、

仕事ばかりしていたのだなーって

ようやく気付きました。

 

お金があれば子供にいろんなことをしてあげれる。

これは事実です。

 

でも本当にそれを子供が求めていますかね??

 

子供が求めているのは、

家族で一緒にいることであったり、

一緒に遊びに行ったりとか、

案外簡単なことが多かったりしますよね。

 

家族のための仕事が、

意外と家族の為になっていなかったりしますね。

 

「何の為に仕事をするのか??」

ここは重要ですね。

 

こう思えるようになってから、

貯金しているお金は使おうって思います。

だってお金なくなっても幸せなんですから。

感じ方次第です。

 

ただ!!!

お金のない貧乏になっても、

頭まで貧乏脳になると、どうにもなりません。笑

常に学ぶ姿勢。

新しいことに挑戦する姿勢。

 

日々成長しながら視野を広げていけば、

お金になることはそこら辺に落ちていますからね。