奨学金の上手な使い方

どうもほーりぃです。

 

本日は奨学金についてのお話をしようと思います。

今現在、学生の方であれば、奨学金を使われている方は多いかと思います。

 

まず、奨学金には1種と2種があります。

1種は無金利、2種は有金利です。

ただし、1種には条件があります。

一番は世帯年収(家族の年収)が一定よりも下であること。

2種も所得制限はありますが、1種より条件がやさしいですね。

 

この奨学金、僕個人的な意見であれば、借りれるだけ借りてください。

 

現在の2種の金利は、なんと1%を切っています。

かなり安いです。破格です。

普通にもし何かローンを組んだとすると、

フリーローンであれば5%以上はします。

安すぎます。

 

なので、奨学金を一気にすぐに返したりする必要もありません。

借り続けてください。

 

そして知らない人が多いですが、

奨学金には「返還猶予制度」があります。

「最大10年は支払わなくていいよ。」という制度です。

 

年収300万以下の人は対象です。

おそらく新卒などなら結構いるんじゃないかと思います。

でも知らない人は、家計が苦しくても返していませんか?

 

借りた物を返すことは当然ですが、

制度として返さなくていいと言ってもらっているものを

わざわざ返す必要もありません。

 

僕の周りの人には、これは絶対に勧めています。

やはり若い時がお金かかります。

若い時の自己投資の方が、後が長いので回収できる確率が高いです。

なので、若い時にしっかり自己投資する意味でも、

奨学金を借りて、自己投資、

延長をできるまでして、そのあと余裕が出てしっかりと毎月返す。

 

これがやはりお金の上手な使い方かと思います。

ほとんどの方は、「借金」と聞くとやはり拒絶反応を示し、

「すぐに返さないと!」と思考停止状態で物事を判断します。

 

借金にも良い借金と悪い借金があります。

良い借金はつづけた方が得です。

 

奨学金制度、しっかり有効に活用しましょうね。