自由とは何かについて考えてみる。

自由ってなんでしょう?

どんな状態であれば自由なんでしょうね。

 

よく若い人や、起業家の人に多い印象です。

「自由になりたい!」って。

そんな僕も、数年前は自由になりたい!って思って自分でビジネスをするようになりました。

 

じゃあ自由ってなんでしょう。ってのを考えてみたいと思います。

お金を持っていること?

時間が余っていること?

何でも好きなことができること?

 

赤ちゃんは自由?

小学生は自由?

定年後のおじいちゃんおばあちゃんは自由?

社長は自由?

株トレーダーは自由?

会社員は自由?

 

いろんな人が浮かんできますね。

一番は多い意見は、

「お金と時間を持っている人」かもしれませんね。

数年前の僕もそう思っていました。

 

じゃあ金額はいくらあれば自由なのか?

時間はいくらあれば自由なのか?

自由と一言で言っても、非常にあいまいな表現だったことがわかるかと思います。

 

僕の考える自由の定義は、

「自分で決められること」です。これが自由。

 

時間が余っていても、お金が有り余っていても、

自分で何をしたいか決められない人は、不自由だと思っています。

 

そして、

上司や親から、あれやれこれやれと他人に決められている人、

これも不自由かと思います。

 

どんな状態であっても、「自分で決める」

これができれば、いつでも自由になることはできると思っています。

 

会社員の人でも、

上司にたいして、「この時間でこうやってこうしていく」と決めて動いて行く人は、

自分で決めているので、時間を邪魔されることはありませんね。

もちろん報連相は必要ですが。

 

僕も会社員時代は

帰る間際に仕事が来るのが本当に嫌だったので、

常に自分で決めて動いていました。(入社1年目からなので相当生意気な奴です。)

直属の上司が出勤したら、

「僕の今日のスケジュールはこれやって、これやって…です。

他に何かやることありますか??」と聞きます。

そして、ひとつの作業が終わるたびに報連相をして、

一日の業務が終われば、

「今日はここまでやりました。

明日は、これやってこれの準備もしておきます….いいですか?」

何かあれば言ってきますし、なければ今日はこれで帰ってました。

 

突然来た仕事に対しては、

「今日のスケジュールは報告した通りなので、明日でもいいですか?」と聞きます。

それでも急な場合はやらないといけませんが、基本的には明日やります。

こうして、自分で決めて仕事をしていたので、

会社員時代も特に不自由をした覚えがありません。

 

つまり、どんな状況環境であっても、

「自分で決めて動く」ことが自由になりたいならば必要かと思います。

自営業などは、「自分で決めて動く」のは当たり前ですね。

でもこれがなかなか難しいんですよ。

 

朝7時に起きると決めても、怒ってくれる人がいないと自分に甘いんですよね。

決めても動かない。

決めないことは論外ですが、決めても動かないと意味ないですよね。

 

なので、

自分でビジネスをしていこうと考えている人は、

「自分で決めて動く」が大事かと思います。